襟足の脱毛効果、ミュゼ編。

最近の脱毛に対する印象ですが、誰でも当たり前に脱毛をする時代になってきたように思います。モデルさんやセレブな女性だけでなく、一般の女性、高校生、なんなら小学生まで、脱毛をする時代です。
さすがに小学生の子供に脱毛をさせるのは、抵抗がありますが、それでも「子供でも脱毛出来ます」とうたっている脱毛サロンがあると、驚いてしまいます。

でも、そのくらい世の中の女性の美意識というか、ムダ毛への抵抗感が高まっているんでしょうね。または、これまでは高額で、簡単に脱毛できなかったものが、
脱毛機器や技術の進化によって、より早く、より安く、より安全に脱毛の施術が行なえるようになったからなのかもしれませんね。

腕や足、ワキをはじめ、顔や背中、お腹まわり・・・と本当に細かに全身のムダ毛をなくしたい女性が増えていて、需要と供給が高まっているんですね。

全身脱毛の範囲も、徐々に広がっていて、全身を言う全身がいまや脱毛の範囲です。
腕や足、ワキなどのスタンダードな部分から、VIOとかハイジニーナとか、顔の産毛、更には襟足まで。
体に生えている(眉以外)ほぼ全てが対象になります。

気になったのは、襟足。背中との区別や顔との区別、付きにくくないですか?
ミュゼで襟足の脱毛をするならどんな感じになるでしょう。

まず、襟足の範囲です。
ミュゼでの襟足脱毛の範囲ですが、頭との境目は、自然なW型だそうです。
で、背中との境目は・・・。やはり境目はクッキリと分かれてしまうので、ミュゼでも襟足+背中の脱毛をお勧めするようです。それはそうでしょうね。
そして、背中、腰周り、ヒップと範囲が広がってしまいそうですが、これは個人の判断なので、くれぐれもお勧めされて、予算オーバーしてしまった!
ということにならないようにご注意ください。もちろん納得した上なら良いですが。

少し脱線しましたが、襟足を脱毛する際その効果ですが、じつは毛が濃い人は脱毛ができないこともあるんです。
襟足(うなじ)の皮膚は大変薄くデリケートです。顔と同じように脱毛には注意が必要な部位です。ミュゼではお肌に優しい脱毛を心がけているため、
毛が濃くて脱毛をする際に肌への負担が大きくなるようであれば、脱毛できないこともある。ということです。
ハイジニーナなども体の中で眉毛と同じくらい剛毛ですよね。でも、ハイジニーナ脱毛は皮膚がある程度強いため、脱毛が可能なんですって。

襟足を脱毛されたい場合は、一度カウンセリングを受ける必要がありますね。
もし、ミュゼでの脱毛をしてもらえない場合は、美容整形での脱毛を検討されると良いでしょう。医療用レーザーであれば対応可能な場合もありますので。

襟足がキレイになれば、アップのヘアスタイルも怖くないですね。
どこから見てもキレイになりたい、そんな女性を応援したいです!